政治と株、海外投資家について

世界経済に注目しておくことが必要とされる株式投資ですが、経済的にグローバル化が進む中、企業や経済以外、株に関しても売買はグローバル化しています。現在、ネット証券などが登場し、国境を越えてやり取りが可能となっています。日本人が海外の株を購入するという事も非常に多くなっていますし、外国人が日本の株を売買するという事も多くなっているのです。

日本企業の業績がいいとなれば、海外からの投資家が日本企業の株を購入し始めるので、一気に日本の株価が上昇するという事もあるでしょうし、その逆も考えられます。外国人がそれぞれの国以外への投資を行う事で、株価の変動が読みにくくなっているともいわれています。

こうした様々なグローバル化の波を見ると、海外と日本の政治などが深く絡み合い、株価を変動させる理由になるという事がわかります。日本の政府が打ち出す政策について海外が評価すれば、株価は上がっていくかもしれませんし、業績がいい状態でも政治の状態が悪ければ、株価がいきなり下がるという事もあり得るのです。

株価がどのように変動するのかという点については、世界情勢や国内の政治、個々の企業や海外の企業などが深く関係しています。そのため、経済情勢を把握する事、また時事に精通しておくことも重要な事となるのです。

政治と株、海外投資家について